スポンサード リンク

静電気がPCを破壊する。

すっかり我々の生活になくてはならない存在となったパソコンですけど、パソコンにとっても静電気は大敵です。下手したら一瞬でお亡くなりになります(泣)なんとですね、静電気が帯電した状態でマウスを握ったり、USB機器・メディアを差し込んだりした際に、静電気がPC本体に流れて誤作動が起きることがあるそうなんです。これはビックリですね。

OSが突然フリーズしたり、または起動すらしなくなる、カーソルがまったく動かなくなった、または消失した。PCが終了できないなんて言う症状は静電気が原因であることもあるのです。静電気が発生しやすい冬場なんかは特に注意が必要ですね。静電気は埃がたまっていると発生しやすいといわれています。PCの内部も埃がたまりやすい場所ですので、定期的に掃除をしてあげることが大切ですね。しかし、掃除も何も考えずにやるとかえって逆効果になります。

自分の体内に帯電している静電気を逃がしてから掃除しないと、掃除している最中に壊れたりしますからね(泣)PCの内部を安全に掃除するためには手を洗い、少し湿ったタオルでふき取り、PCの電源を入れる前に、指でPCケース外側の金属部分に触れ、電気を逃がしてから掃除するようにしてくださいね。また静電気は気温、湿度が低い場所ほど発生しやすいので室内の温度、湿度などにも注意して掃除するようにしてください。エアコンやストーブ、加湿器なんかがあるといいですね。
posted by 静電気 at 16:30 | 静電気の危険性

静電気に潜む危険性

静電気は、我々の生活に比較的身近にかかわってくる存在のものですよね。服を脱いだ時の摩擦で発生したり、金属なんかに触れることで発生します。この程度の静電気であれば多少痛みを感じる程度で済むのですが・・・・実は静電気には意外と危険が潜んでいるようです。

例えば、可燃性気体や火薬などを扱う場所で火花放電が起こると、爆発や火災などの大事故になり得ることがあります。以前ニュースでやっていましたけど、なにかのガスが部屋に充満してて風通しをするために窓を上げた時に、その時の摩擦で静電気が発生して爆発したなんてことがあったみたいです。

なので、可燃性の危険物を取り扱うような作業をする場所なんかは、静電気の起こりにくい服装を着ることが業務としてそれを行う際には規則に定められていたりします。また、身近なところでは最近セルフのガソリンスタンドが増えてきましたがここも静電気による危険性が潜んでいます。給油の際に静電気が発生すると揮発したガスに引火して発火することがあるんですね〜。

他人ごとではなくこれは実際によく起こっている事なんだそうです。セルフのガソリンスタンドには電位を中和させる金属板なんかが貼りつけられていると思いますので、必ずそれに手を触れてから給油を行ってください。静電気をなめてると痛い目にあいます^^;
posted by 静電気 at 22:44 | 静電気の危険性

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。